マイクロスコープ使用の歯医者で歯の健康考慮した治療

###Site Name###

健康保険治療で治療する歯医者さんでマイクロスコープを導入している歯医者さんは、あまりいません。

あっても健康保険治療以外の場合、必要とあるなら使うという程度で、ほとんどは肉眼で見える範囲で治療をします。
マイクロスコープは大変高価な機材で、これを使いこなせばかなり緻密な歯の治療ができます。

歯の患部を拡大しよく見えるようになれば、たとえば虫歯であれば必要なところを必要なだけ削れ、患者さんの余分な健康な歯まで削らずにすみとても体に優しい治療ができます。しかしこのように1人に患者さんに向き合い、じっくり丁寧に治療してくれる歯医者さんはあまりいません。

健康保険では歯科の点数が低く抑えられており、本当は丁寧な治療をしたほうがいいのですが、じっくり対応していては患者さんをさばけないからです。



保険治療の先生は1日に30人ぐらい患者さんをこなすところもあれば、自費治療の先生は1日にせいぜい5人程度です。

数は少ないものの、丁寧な治療をする分質のある、患者さんの状態にあった理想的な治療を望むことができます。

Infoseek ニュース情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

健康保険での治療は世界の歯科の治療と比べて安くでき、大変いいシステムなのですが、質はあまり重要視されていない部分もあります。



歯の健康は将来的に高齢になったとき、自分の歯で食べれば認知症予防にもなるし、内臓に負担をかけないので体にとっていいことばかりです。歯の健康を考えて、歯のことを重視する歯医者さんで治療をすることが大切です。